初めての方へ

一生付き合っていくあなたのお肌、それは年齢や日々の体調によって大きく変わります。
そのため、毎日のケアに使う化粧品選びやお手入れ方法は、“今のあなたのお肌”に合わせて考えてあげることが非常に大切です。まずは「スキンケア診断」で今のあなたのお肌状態をチェックしましょう!

スキンケア診断 まずは“今のあなたのお肌”状態をチェック!あなたの肌状態に合わせたお手入れをご提案します。

診断スタート

  • YES
  • NO
  • Q1
  • Q2
  • Q3

あなたのお肌状態は…

年齢肌

乾燥して肌の水分量が少なく、肌の弾力が失われた状態と思われます。

年齢肌の方へ特におすすめの商品

  • 角質ふきとり化粧水
    詳細を見る
  • 化粧水
    詳細を見る
  • 美容クリーム
    詳細を見る

お手入れ時のポイント

  • 肌を乾燥させないために、皮脂を取り過ぎないタイプの洗顔料を使用しましょう。その際、熱めのお湯は皮脂を取りすぎてしまうので、お水または人肌以下のぬるま湯ですすいでください。さらに、角質ふきとり化粧水で余分な皮脂や汚れを取り除けば、その後の化粧水の浸透が良くなります。
  • そして、化粧水でたっぷり保湿しましょう。
  • 美容成分が逃げないように、仕上げにクリームでしっかり蓋をしてください。クリームを手で人肌に温めてから使用すると、肌へのなじみがいっそうよくなります。

あなたのお肌状態は…

乾燥肌

水分の蒸発を防ぐための皮脂が少ない状態と思われます。

乾燥肌の方へ特におすすめの商品

  • 化粧水
    詳細を見る
  • 美容クリーム
    詳細を見る

お手入れ時のポイント

  • 適度な潤いを保つため、皮脂を取り過ぎないタイプの洗顔料を使用しましょう。その際、熱めのお湯は皮脂を取りすぎてしまうので、お水または人肌以下のぬるま湯ですすいでください。
  • そして洗顔後はすぐに化粧水でたっぷり保湿しましょう。乾燥がひどい場合は、二度づけしてください。ポイントは、コットンを使用して、お肌全体で均一な保湿を心掛けることです!
  • 潤いが逃げないように、クリームでしっかり蓋をしてください。乾燥が気になる部分には、重ねづけをおすすめします。

あなたのお肌状態は…

普通肌

水分と油分のバランスがとれ、ツヤやハリがある状態と思われます。

普通肌の方へ特におすすめの商品

  • 化粧水
    詳細を見る

お手入れ時のポイント

  • 過剰に皮脂を落とし過ぎないように、やさしいタイプの洗顔料を使用しましょう。
  • 目に見えるトラブルになる前に、肌のゴワツキやザラツキをとるふきとり化粧水を使用し、より一層の美肌を目指しましょう。
  • 肌に疲れがたまると水分と油分のバランスが崩れて、乾燥に傾く場合がありますので、化粧水で十分な保湿を心掛けてください。

あなたのお肌状態は…

脂性肌

水分と油分のバランスが崩れ、過剰な皮脂の分泌によってベタつき・テカリが見られる状態と思われます。

脂性肌の方へ特におすすめの商品

  • 角質ふきとり化粧水
    詳細を見る
  • 化粧水
    詳細を見る

お手入れ時のポイント

  • 必要以上に皮脂を取りすぎないよう、やさしいタイプの洗顔料で丁寧に洗顔してください。
  • 洗顔後は、余分な皮脂を取り除くふきとり化粧水を使用することをおすすめします。
  • 水分不足が考えられますので、化粧水で十分な保湿を心掛けてください。
  • クリームを使う際は、テカリが気になる部分やニキビを避け、薄めにのばしてつけるようにしてください。
  • 他の診断結果も見る
  • もう一度診断する

閉じる

診断結果一覧

年齢肌

乾燥して肌の水分量が少なく、肌の弾力が失われた状態と思われます。

年齢肌の方へ特におすすめの商品

  • 角質ふきとり化粧水
    詳細を見る
  • 化粧水
    詳細を見る
  • 美容クリーム
    詳細を見る
お手入れ時のポイント
  • 肌を乾燥させないために、皮脂を取り過ぎないタイプの洗顔料を使用しましょう。その際、熱めのお湯は皮脂を取りすぎてしまうので、お水または人肌以下のぬるま湯ですすいでください。さらに、角質ふきとり化粧水で余分な皮脂や汚れを取り除けば、その後の化粧水の浸透が良くなります。
  • そして、化粧水でたっぷり保湿しましょう。
  • 美容成分が逃げないように、仕上げにクリームでしっかり蓋をしてください。クリームを手で人肌に温めてから使用すると、肌へのなじみがいっそうよくなります。

乾燥肌

水分の蒸発を防ぐための皮脂が少ない状態と思われます。

乾燥肌の方へ特におすすめの商品

  • 化粧水
    詳細を見る
  • 美容クリーム
    詳細を見る
お手入れ時のポイント
  • 適度な潤いを保つため、皮脂を取り過ぎないタイプの洗顔料を使用しましょう。その際、熱めのお湯は皮脂を取りすぎてしまうので、お水または人肌以下のぬるま湯ですすいでください。
  • そして洗顔後はすぐに化粧水でたっぷり保湿しましょう。乾燥がひどい場合は、二度づけしてください。ポイントは、コットンを使用して、お肌全体で均一な保湿を心掛けることです!
  • 潤いが逃げないように、クリームでしっかり蓋をしてください。乾燥が気になる部分には、重ねづけをおすすめします。

普通肌

水分と油分のバランスがとれ、ツヤやハリがある状態と思われます。

普通肌の方へ特におすすめの商品

  • 化粧水
    詳細を見る
お手入れ時のポイント
  • 過剰に皮脂を落とし過ぎないように、やさしいタイプの洗顔料を使用しましょう。
  • 目に見えるトラブルになる前に、肌のゴワツキやザラツキをとるふきとり化粧水を使用し、より一層の美肌を目指しましょう。
  • 肌に疲れがたまると水分と油分のバランスが崩れて、乾燥に傾く場合がありますので、化粧水で十分な保湿を心掛けてください。

脂性肌

水分と油分のバランスが崩れ、過剰な皮脂の分泌によってベタつき・テカリが見られる状態と思われます。

脂性肌の方へ特におすすめの商品

  • 角質ふきとり化粧水
    詳細を見る
  • 化粧水
    詳細を見る
お手入れ時のポイント
  • 必要以上に皮脂を取りすぎないよう、やさしいタイプの洗顔料で丁寧に洗顔してください。
  • 洗顔後は、余分な皮脂を取り除くふきとり化粧水を使用することをおすすめします。
  • 水分不足が考えられますので、化粧水で十分な保湿を心掛けてください。
  • クリームを使う際は、テカリが気になる部分やニキビを避け、薄めにのばしてつけるようにしてください。

フィトリフトについて詳しく知る

  • フィトリフトのこだわり
  • ハリ美肌のヒミツ
  • よくあるご質問